魔法の砂。明日は-21度…。

2017.01.23 Monday

0

    寒い日が続いておりますが。

    なんとか工場を暖めながら。

    いろいろと進めております。

     

    1983y ショベル FLH

     

    エンジン腰上オーバーホールでございます。

    分解を進め、各部しっかりと点検しながら洗浄。

     

     

    蓄積したカーボンもしっかり除去。

     

    フロント、リア共に洗浄後、しっかり対策して保管。

    交換パーツのピックアップも完了。

    オーナー様に一緒に確認していただきながら今後の作業内容もしっかりと話し合い。

    内燃機屋さんへの外注作業もございますので迅速に進めてまいります。

     

    他、パーツもいろいろとごちゃまぜにならないよう組み付け時までしっかりと保管でございます。

     

     

    1949y パンヘッド。

     

    こちらは進めておりましたリヤ周りの作業も一段落つきましたので。

    具合のよろしくありませんでしたインナープライマリーカバーの交換。

    それに合わせクラッチ周りの分解、点検、メンテナンスでございます。

     

    こちらも必要なパーツのピックアップ完了。

    パーツ到着次第迅速に進めてまいりまする。

     

    他預かり車も予定作業の部品待ち状態…。

    口を開けてポカーっと待っているわけにもいきませんので。

     

     

    砂遊び。

     

    ではございません。

     

    ワンオフハンドル、ワンオフマフラー等、曲げパイプ作製時に使用します魔法の砂を生産しております。

     

     

    プロパンガスバーナーだと火力が弱すぎて明日の朝になりそうなので。

    結局アセチレンガスのバーナーであぶりました。

     

     

    水分を飛ばしたら細かい砂だけ選別…。

     

     

    この作業の繰り返し…。

    まだまだたくさんあります。

    頑張ります。

     

     

    ハンドル作製用のパイプも入荷。

    普通はなかなか使用しないザイズのパイプなようで旭川の鋼材屋さんに在庫なし…。

    内地から船便での入荷となり。

    1本単位で注文しておりますと送料がばからしいので送料が無駄にならない様たくさん入荷。笑

     

    春までにハーレーと国産車のハンドル作製、加工を控えておりますので。

    1インチ、7/8インチ共に入荷しております。

     

    たくさん入荷してアリマス…。

    たくさんアマリマス…。

     

    どなたかハンドル作製いたしませぬか?

    市販では無い、オーナー様にとって最高にちょうど良いハンドル作製致します。

    市販されているハンドルを自分仕様にさらに加工したいなんてのも有りでございます。

     

    お待ちしております。

     

    明日はもっともっと冷え込むようです…。

    予想最低気温-21度。

     

    明日も鼻水たらしながら元気もりもりで営業しております。

     

    Johnny Motor Garage 中谷

     

     

    コメント
    コメントする